他にはない充実した婚活サポート|墨田区の結婚相談所「婚活コンシェルジュ」が、あなたの婚活をサポートします。

婚活コンシェルジュ

墨田区の結婚相談所ブログ

2019年05月02日 [婚活]

40代の子ども、このままで結婚できるのか心配



先日、40代の子どもの結婚を心配しているという大阪の女性から電話がありました。
「柴谷さんが大阪に来られると知り、いてもたってもいられなくて電話しました。実は、子どもがどうも結婚相談所らしきところに入っているようで、何回かお見合いもしたようなんですが、いつも2,3回会って終わりになってしまうようで、このままで結婚できるのか心配なんです。主人はほっとけば自然にできるだろうと言ってます。私はそんな悠長なことを言ってる場合じゃないと思うんですが、私が子どもに結婚のことを言うとうるさがるので、どうしたものか悩んでいて、柴谷さんに相談できたらと、、思い切ってお電話しました。」

「結婚は相手があることなので、お子さんの気持ちがすごく大事です。お子さんとお母さまお2人で来られるなら…」

「いえ、子どもにはまだ言ってないし、たぶんムリだと思います。」

我が子が婚活をがんばっているのになかなか結婚できないということを知ると、なんとか手助けしてあげたいと思う親心はよくわかりますが、本人そっちのけで親御さんだけ先走ってもうまくいきません。

親御さんにやっていただきたいことは例えばこんなこと。まずはお子さんが傷つきながらも自分なりに取り組んでいることを否定せず、「あなたなら大丈夫!」と応援してあげる。その上で、お子さんが聞く耳を持ったときにこんなふうに提案してみてください。

「東京に柴谷さんという仲人さんがいて、ホームページはこれなんだけど、お母さん、あなたのことを相談しようと思ってこの人にちょっと電話してみたの。そうしたらお母さんが1人で話しにいっても何にもならないって。あなたと2人で相談したいと言えば、東京から大阪に来てくれるんだって。この人ならあなたが今悩んでいることを親身になって聞いてくれそうよ。なんならお母さんは挨拶だけして帰ってもいいけど、どう?」

お子さんが興味を示さなかったら、とりあえずあきらめてください。結婚は本人の問題なので、本音で納得していないお子さんを引きずってまで入会させたりすると、いざお見合いとなったときお相手に「うちの親がうるさくて、親に言われて来ました。私はそれほど結婚したいとは思ってないんです」なんて失礼なことを平気で言って、相手を怒らせてしまうことがあるんです。これでは結婚はさらに遠のくばかりですよね。

私も3人の子どもを育て上げた母親なので、子どもは親の思い通りにはならないってことは肌感覚でよくわかってます。お子さんの人生の責任はお子さんにあります。親は子どもを信じて、必要とされた時に手助けするしかないんじゃないかなと思います。




親子

関連記事

  • Facebook

PageTop

無料相談はこちら