他にはない充実した婚活サポート|墨田区の結婚相談所「婚活コンシェルジュ」が、あなたの婚活をサポートします。

婚活コンシェルジュ

墨田区の結婚相談所ブログ

2019年05月17日 [婚活]

結婚するなら恋愛とお見合い、どちらがいい?


戦前には約7割を占めていたお見合い結婚はドンドン減少し続け、1965〜69年にお見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転。現在では結婚の9割近くが恋愛結婚となっています。

ところが、生涯未婚率(50歳時点で1度も結婚をしたことのない人の割合)を調べてみると、50年前の1970年は男性1.7%、女性3.3%と結婚するのがあたりまえの世の中でしたが、2015年には男性23.4%、女性14,1%と大幅に増えています。つまり、現在、男性では4人に1人、女性は7人に1人が生涯独身を貫く人とされています。さらに、独身者のうち異性の友人がいない割合は男性で6割、女性で5割に上っていますが、その中で異性との交際を望んでいる人は男性も女性も約半数います。ということは、恋愛結婚が主流の世の中で、生きづらさを感じている独身者が多いということがわかります。

ここで、「恋愛結婚」と「お見合い結婚」の違いについて考えてみたいと思います。

「恋愛」は「好き!」という感情から始まるので、どこの誰か素性がわからない人とでも恋仲になれます。ふつうは告白をきっかけに両思いになり、交際して婚約し、結婚にいたります。が、多くの人は告白するまでに長い時間をかけることもあり、交際に至ったとしても、結婚する気があるのかないのかあいまいな状態を継続することが多いので、結婚に至るまでかなりの年月を要することも多くあります。(授かり婚とか決断力に優れた人は覗く)。相手によっては両親の反対にあうこともあるかもしれません。
また、愛し合っている2人、という感情がピークの時点で結婚するので、結婚後は次第に冷静になり、お金の使い方や家事やゴミ捨ての分担など、価値観の違いがいきなり露呈することもあります。

一方、結婚に前向きな人が集まる場である結婚相談所での「お見合い」は、相手の「プロフィール」を見ることから始まります。
いろいろなタイプの異性とお見合いを重ねる中で1人の人を選んで、最初から結婚前提の話で交際を進めるので、早い段階で「結婚式はどうする?」「結婚したらどこに住む?」「奥さんの仕事はどうする?」「家事分担は?」「子どもは?」というようにお互いの価値観を具体的に合わせていけます。愛情レベルはゼロからスタート。お互いにデートを重ね、話し合う中で信頼度と愛情を高めていくので、結婚生活も長持ちする傾向にあります。また、両親と相手が合わないとわかったら、後腐れなく交際をやめることだってできます。

もしあなたが「好きな人と結婚したい」と思いながらも誰とも恋愛できていないなら、信頼できる結婚相談所を探してください。あなたと気があう仲人さんに助けてもらいながら、お見合いにチャレンジし、結婚を現実のものにしてほしいと思います。

(参考:厚生労働白書https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/13/dl/1-02-2.pdf
(参考:内閣府少子化対策の現状https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2018/30webhonpen/html/b1_s1-1-3.html


恋愛結婚とお見合い結婚の違い



関連記事


  • Facebook

PageTop

無料相談はこちら