他にはない充実した婚活サポート|墨田区の結婚相談所「婚活コンシェルジュ」が、あなたの婚活をサポートします。

婚活コンシェルジュ

墨田区の結婚相談所ブログ

2019年06月16日 [婚活]

日本は超高齢社会。他の国はどうなのか調べてみた。



日本は初婚年齢が高く晩婚の傾向があり、生まれてくる赤ちゃんの数もどんどん少なくなり人口は減る一方。。
早い話が世界一の高齢社会だそうです。テレビや新聞では他の国と比較するニュースを目にすることがないので、先進国はみんな高齢社会なんじゃないかと思っていましたが、調べてみるとそんなことはありませんでした。
...........................................................
WHO(世界保健機関)が2018年に発表した統計によると、世界の「平均寿命」の1位は日本で男女の平均寿命は84.2歳だった。 現在、世界一長生きの国となっている。 日本は前回83.7歳で、2位のスイスと僅差だったが、今回は1歳近い差をつけて1位となった。今まさに覇権争いをしている米国と中国はどうなのかというと、米国は34位で78.5歳、中国は50位で76.4歳。
(世界平均寿命ランキング https://memorva.jp/ranking/unfpa/who_whs_life_expectancy.php
...........................................................

次に、世界183の国と地域を対象とした「中央年齢」についてのランキングをみてみます。
「中央年齢」は、上の世代と下の世代の人口(人数)がちょうど同じになる年齢です。必ずしも平均年齢とは一致しません。

日本の中央年齢は、45.9才で、世界ランキングの順位は1位です(最悪のE評価)。
ランキングの2位はドイツの45.5才(E評価)、3位はイタリアの44.3才(D評価)です。
ランキングの最下位はニジェールの15.0才です。
米国と中国はどちらも40位で37.4才(D評価)。
(世界・中央年齢ランキングWHO版 http://top10.sakura.ne.jp/WHO-WHS9-88.html
...........................................................

昨年、日本で生まれた赤ちゃんは91万人。それに対してインドでは2500万人の赤ちゃんが生まれているそうです。国土面積やGNPなどに差はありますが、将来の消費に関しては、どちらの国が伸びるのか一目瞭然ではないでしょうか。

先月、自民党の桜田義孝前五輪相が千葉市で開かれた会合で少子化問題に言及し「お子さんやお孫さんにぜひ、子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」と来場者に呼び掛けた件。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000174-kyodonews-pol

桜田前五輪相は強制しているわけではなく、あくまで「お願い」なのに、なぜ批判されなければいけなかったのか、、、3人子どもを生んでいる私個人的にはわけがわかりませんでした。
私は人口を増やすなどという大それたことを考えてはいませんが、結婚希望者が結婚できるように努力し、幸せな家族を地道に増やしていきたいと思っています。



おじいちゃんと子供

関連記事

  • Facebook

PageTop

無料相談はこちら