他にはない充実した婚活サポート|墨田区の結婚相談所「婚活コンシェルジュ」が、あなたの婚活をサポートします。

婚活コンシェルジュ

墨田区の結婚相談所ブログ

2019年02月04日 [婚活]

交際が続かない男性の共通点



「お見合いが組める人」と「お見合いが組みにくい人」。あなたはどちらに属するのか、それを決めるのはプロフィール写真と履歴書に書かれた条件です。条件とは「年令」「地域」「学歴」「職業」「年収」「体型」「自己PR 」など。条件がよければわりとカンタンに複数の女性とお見合いは組めます。ほがらかな人であればお見合いで「あなたにまたお会いしたい」という返事をとりつけることもできるでしょう。

肝心なのはその先です。お見合いのあと1〜2度一緒に食事しただけで、相手の女性から断られる男性がどれほど多いか…断られるたびに「ご縁がなかったんです。次いきましょ!」という結婚相談所の担当者にはげまされ、次々とお見合いをこなしていきますが、浅い関係のまま終わってしまうことが終わりなくつづいたら、、、なにが原因でどうすればいいのか悩みますよね。

メールやLINEでメッセージを送っても返信がなかったり、既読がつかなかったり、スルーされたあげく2日後に返事がくるとか、そんな対応に心当たりがありますか?ならば、あなたが知らずしらずとっている「独りよがりなスタンス」が相手から敬遠されてるのかもしれません。

「独りよがりなスタンス」とは、結婚して幸せになりたいと思っている相手から希望を奪う言動です。

例えば、人は長く生きれば生きるほど、ケガや慢性疾患、異性関係でのあやまち、金銭や男女間、家族間のトラブルなどなど負の経験を重ねます。その負の経験を普段は衣服でかくれていて見えない「スネに傷がある」状態としましょう。婚活で交際がつづかない男性は、その生々しいスネの傷口を知り合って間もない女性に見せてビックリさせる傾向があると思います。

あなたの「スネの傷」が結婚生活に影響することであれば初めから伝えないと相手をダマすことになりますが、すでに解決済みであったり、男の責任で解決できる見込みがあることであれば黙っててもいいと思います。一生黙っててもいいのか、タイミングをみて言うべきかは内容によります。

「バカ正直」で誤解されやすいあなた、好みのタイプの女性から「あなたと一緒になりたい」と思ってもらえるようにいますぐ自分の言動を振り返ってみてください。



失恋



関連記事


  • Facebook

PageTop

無料相談はこちら